院長紹介

院長ご挨拶

この度、きよせ在宅診療所を開設することとなりました。
昨今の深刻な高齢化ならびに人口増加の著しい多摩北部地域において、在宅診療は以前にも増して要求されていると受け止めております。
在宅診療の目的は「治療」だけではありません。寝たきりや入院の必要な事態を未然に防ぐ予防的観点も患者様の生活を守るための重要な役割です。
毎日の健康管理を担う面も大きく、例えば「食欲がない」「うまく眠れない」など、日々の処方薬の調整で改善の余地のあるものも多く感じます。
そのため診療ごとに経過を追って、毎回おひとりおひとりに合わせた在宅療養をご提案致します。
また、患者様・ご家族様に安心して在宅療養をしていただくために、日々の診療の中でのお声がけや定期的な病状説明・治療方針の確認を心がけております。
日々の不調や不安を出来る限り緩和し、患者様・ご家族様のかけがえのない生活を守っていけるようサポートさせていただきます。

この地域に密着した診療所を目指し、身近で信頼される医療の提供に努めて参りますので、何卒よろしくお願い申しあげます。

院長

PAGE TOP